30日間返金保証 BMI Hot Pepper line PET検査 The Fry あおり運転 あめちゃん ありがとう ある いかなご えびせん おおざっぱ おしゃべり おせち料理 おばちゃん おままごと おもらし お地蔵様 お嬢様 お弁当 お得な値段 お箸 お菓子 お重 お金 お金持ち がん がん検診 がん治療 くぎ煮 こき使う ごちそうさま ご先祖様 ご近所さん ご近所づきあい しあわせ しつけ そっくり たこ焼き たまご のぶ子 ばい菌 ぶちゃいく ほめる ぽっちゃり むさぼり食う ゆず わがまま わるぐち アウトレット アリ アルバム アロエ アロエの効果 アンダー イタドリ インスタントラーメン インスタ映え インナーチャイルド インプラント ウィッグ ウォーターサーバー ウンチ エクササイズクッション エチケット エッセイ エネルギー エビフライ オーラ カップスープ カツラ カテキン カメラ カルシウム カレンダー カーラー ガマン ガン キイロイトリ キャディ キレる グラマラス ケアマネジャー ケアマネージャー ケセラセラ ゲリラ豪雨 コロナウイルス コンタクトレンズ コーヒー コーンスープ ゴキブリ ゴキブリホイホイ ゴミ収集 ゴルフ サザエさん サプライズ シャンプー シュークリーム スイッチ スイーツダイエット スズメバチ ステレオ ステージ4 スマホ スマート スーパーミント セグウェイ セミナー セレブ ソース タオル タンニン タンパク質 ダイエット テーブルクロス デイケア デイサービス デリケート トウモロコシ ナチュラリスト ナビ ネガティブ ノータッチ ハイキング ハエたたき ハエ男 ハテナ パッチワーク パーマヘア ファスティング ファミリーレストラン ブドウ狩り ブラジャー ブロック解放 プログラム ベリーA ペットカメラ ホットペッパー ボタン ボディメイク ポジティブ ポン菓子 マイク マスク マフラー ミシン モグモグタイム モテモテ モリンガ ヨーグルト ラーメン リクライニング リハビリ リハビリ病院 リラックマ リンドールチョコレート レンジャー レンタル レントゲン ワンピース 三枚おろし 上靴 不服申し立て 世界平和 中学生 乳液 予約 二枚おろし 二葉百合子 人の振り見て我が振り直せ 人の繋がり 人数 人生 人間ドック 今を生きる 介護 介護認定 代謝 仲間はずれ 会計 体質 体質改善 保湿 健康 健康チェック 催事場 光の中 免許証 入れ歯 入れ歯専門歯科 入院 入院費 内臓 再申請 写真 刺身 割れ物 努力 勉強 化粧水 医者 医院 卵とじ 卵殻膜 厳しい 反抗期 反面教師 合併症 合宿免許 否定的 告知 味噌汁 味覚 嘔吐 国内線 土地の権利書 地図 売り切れ 大きなお世話 大きな声 大事に 大変 大腿骨 大腿骨骨折 天使 天然 天然水 天然素材 太りやすい 失禁 女優 妊娠出産 姉妹 子育て 学生 宇宙 宇宙に丸投げ 安全運転 完璧 宝物 家事代行 家出 家族 審査 審美歯科 小分け 小学生 尿漏れ 尿漏れパンツ 山登り 岸壁の母 巨峰 巻き爪 巻き髪 布団クリーニング 帝王切開 幸せ 引き寄せの法則 張り紙 強い絆 当たり前 影響力 復活 心理テスト 必要な分 怒り 怒りっぽい 怒る 恐怖 愛がある 愛犬 感激 感謝 我が道を行く 手術 抗がん剤治療 抵抗力 指輪 振り回される 救急車 料理 料理長 新製品 方向転換 旅行 映画 暴君 月の土地 月賦 有名料亭 末っ子 本能 果物 柿渋石鹸 栄養価 栄養剤 栄養素 校門 椅子 植木 植物図鑑 検査 検査キット 樹木希林さん 欲求 母と娘 気まま 洗濯 洗濯物 消化管 消臭 潜在意識 濃い口醤油 火サス 焼きそば 熊本馬刺しドットコム 爪の手入れ 爪切り 牡蠣 理学療法士 生まれた意味 生命力 病院 病院食 痛み止め 癒やす 登山用品 白内障 白内障手術 百貨店 目が細い 目のケア 目を開く 看護師 看護師さん 着ぐるみ 着替え 短気 祖母 移動販売 立ち乗り 競争 笑い 筋肉 簡単検査 精を出す 糖尿病 紙パンツ 紫外線 紫色 縄跳び 置き土産 美姿勢座椅子 美容液 美容院 老後の資金作り 老眼 聞く 聞く耳持たない 肺炎 背筋が伸びる 胸が大きい 脳内メーカー 腕時計 自分のままで生きる 自分本位 自動車免許 自動運転 自慢 自由 航空チケット 般若 花の定期便 若い男性 英語 要介護 要支援 見守り 許す 認められたい 認める 認知症 誤嚥性肺炎 貧血 貴金属 買いすぎる 買い置き 賞味期限 赤ペン 起業 足湯 足首骨折 蹴る 車椅子 転移 転院 退院 逆鱗に触れる 過去 過去からの脱却 道の駅 遠慮 適当 酸素マスク 野生児 録音 間違える 防犯カメラ 雑煮 青汁 頂戴 頭皮 飛行機 食いしん坊 食べる 食べること 食べ物 食べ過ぎ 食事 食欲 餌やり 馬刺し 骨折 骨盤底筋 骨粗しょう症 高血圧 高齢 髪型 4人前 5人前

のぶ子、帰ってくる

のぶ子が今日、退院した。 リハビリ病院に転院してから約2ヶ月。 長いようで短い日々だったように思う。 私はお迎えには行けなかったが、 妹夫婦が退院の付き添いに行ってくれたようだ。 病院ではリハビリを頑張ってたのぶ子。 だから、父も母も思うように動けると思っているようだと、 ケアマネさんがとても心配してた。 一番いい状態を見て安心してばかりはいられないと、 悪くなった状態を予測して考えてくれている。 がん治療中の様子から どんどん介護度が進んでいるのを目の当たりにしている私も、 またそうなるんじゃないかと思っている。 「引き寄せの法則」 の観点からすれば、 私がそう考えるから悪い状態の母を引き寄せるのかもしれない。 安直に楽観的に考えていられたらどんなに良いだろうか。 願えば叶うのは本当だ。 ただ、「心配」の気持ちは離れて暮らしてるから持ってしまうのだ。 潜在意識に心配が刻まれてるからそういう現実を引き寄せたのなら、 ホント申し訳ない。 でも、ことのぶ子に関してはなかなか楽観的にとはいかないのが現実だ。 高齢になった父のことも全然心配してなかったのに、 急激に体調が変化した。 予想だにしてなかっただけに、対応に追われた。 母に関しては、すべて父や娘や、周りの人がしてくれて当たり前の人なもんで、 うまく立ち回らなければこっちが倒れてしまうからこそ、 先回りして予防線を張るようにしてきた。 …

続きを読む

のぶ子、歩き始める

のぶ子がもうすぐ退院する。 前の記事から1ヶ月以上が経つ。 転院してから1ヶ月以上経ったということだ。 転院先のリハビリ病院は過去何度もお世話になったところで、 のぶ子自身も慣れたもの。 のんびり毎日を過ごしていたようだ。 リハビリの先生と話し込んでたら帰れと言われてから、 リハビリの時には行かないようにしてたから、 ただベッドに腰掛けてるか、横たわってる様子しか見ることがなかった。 「トイレが自分で行けるように」 を目標にリハビリ計画が進められてきた。 自分でオシモを拭くのがうまくいかず、 パジャマをウンチで汚す日々が何度も繰り返されてきたらしい。 私が一晩つけ置きしてるのを見て覚えたようで、 父は慣れたものでウンチ付きのパジャマでも対応できるようになっていた。 ああ、お父さん成長したな。 なんとなく温かな目で見てしまう。 細かな家事は母任せの人だったし、 やればできるけど、やり方が分からなくてできなかった人だから。 リハビリするようになってから(若い男性と過ごす日々が続いたからか) のぶ子は結構シャンとするようになった。 鬱っぽい様子を見せることがなくなった。 要介護3が出て、どうなるんだろうかと思いきや、 リハビリの日々で生活にハリが出てきて生きる力が前以上にみなぎってる。 ただ、このままよくなっていくとは断言できない。 波があるからだ。 退院して、父と2人…

続きを読む

のぶ子、笑いをとりまくる

のぶ子の入院生活が10日から始まった。 年末どうにかしてこけたとき右肘を骨折したから手術するためだと。 しかし、免疫内科の担当医からは手術はできないと言われたらしい。 そう母から連絡があり、家族は 「なんでやねん!」とモヤモヤしていた。 そんなとき病院から電話があって、 先生(整形の)が娘さんと話がしたいとのことで呼び出された。 どうにか都合付けられたのが先週の金曜日だったので 行ってきた。 整形外科の病棟は、 免疫内科のとはなんだか勝手が違う。 整形はケガなどで入院されてる方がいらっしゃる病棟なので 基本お元気な方がいらっしゃる。 お見舞いに来られる方も多いようだ。 そのせいか、のぶ子だけは外からの菌をもらわないようにとマスクをさせられてた。 抗がん剤治療をしていると免疫力が低下するので、 感染症に弱いらしい。 いつもマスクなんてしない人がマスクをして、 帽子をかぶってベッドに横になっていた。 それでも相変わらず元気そうに見える。 自分は定位置から動かずに人を動かすのが得意なのも変わりなく、 そして、わがままを言うのも変わりない様子だった。 先生との約束の時間は19時半以降。 早めのに行こうと、19時過ぎには病室に到着してたので、 母の様子を見たり聞いたりして、時間を過ごしていた。そのとき、 のどが渇いたというからベッドの頭のほうを少し起こしてやり、 ストローで水を飲ませる介助をし…

続きを読む

のぶ子、大変(てーへん)だ!の八兵衛になる

のぶ子が大変になった。 いろんなことが大変になったが、 笑えるほど大変、大変なのだ。 大変だ=「てーへんだ」であれば、うっかり八兵衛を思い出す。 (ご存じない方は『水戸黄門 うっかり八兵衛』で検索願いたい) さて、のぶ子が正月3日に退院して、 実家が急に騒がしくなった。 年末に家の中でこけて右肘あたりを骨折?したまま帰ってきて、 痛くて仕方なかったと思う。 痛み止めをもらって飲んだらすこし落ち着いたみたいだけれど、 手が動かないのでトイレも不便になった。 手が動かないことは這って移動することも不便となり、 リビングのソファに座ることも 台所で料理することもできないということだ。 仕事始めの翌日、7日の昼頃に母から携帯に電話がかかってきた。 すぐに取れなかったから留守番電話にメッセージが入っていた。 「大変大変、電話してきて~(;゚ロ゚)」 何事か!? なんどもかけてもつながらない。 そうしている間にのぶ子からまた電話がきた。 もしもし?どうしたん? 「(モソモソ)・・・大変や、大変や」 だからどうしたの?なんかあったの? 「お母さん、手が痛くて大変やねん」 そうやな、折れてるかもしれへんから大変やなぁ。 「手が痛くて大変やねん」 そりゃ痛いわな。大変や。 「大変やねん、なんもできへんねん」 そうか、そりゃ大変や。 なんもできへんのやったら、テレビでも見と…

続きを読む

のぶ子、むさぼり食う

のぶ子は食べるのが好きだ。 これはこのブログではお馴染みなこと。 娘である私も食べることは大好きだ。 のぶ子ほどはむさぼり食うことはしないけれど。 ただ、食べてしあわせを感じられるのならなによりだと思うのだ。 さて、去年の夏以降体調が大きく変化し、 およそ半年で介護の手が必要になったのぶ子だが、 やはり食べることには貪欲だ。 それも、「お菓子」に対しては目がない。 正月2日に父とふたりで病院に見舞いに行った日、 先に妹家族がシュークリームを持って見舞っていたらしく、 お腹がふくれたからとおとなしく抗がん剤の点滴しながら 私らにあれこれを持って帰れと口うるさく指示してきた。 その話を家に帰ってから妹にしたら、 母の食べ方に驚いたと言う。 「姉ちゃんが言ってたとおり、あの食べ方はなんなん!?って思ったわ」と。 11月にお風呂で溺れたので水を飲ませたとき、 そんなに慌てて飲まなくてもいいんじゃない? ってぐらい必死で飲んだのは仕方ないとして、 手が不自由だからペットボトルのお茶を飲ませたときも かぶりつくように必死で飲もうとしていた。 シュークリームも息つくまもなくかぶりついてきたのだそう。 退院した日、お雑煮の出汁を味噌味に変えたものを飲まそうとしたときも 息をもつかずむしゃぶりついてきた。 「お母さん、もう少しゆっくり食べたら。 お野菜(大根・白菜)も逃げへんから、よく噛んで飲込んでからでいいから。…

続きを読む

のぶ子、暴君として君臨する

令和元年がもうすぐ終わる。 年末だというのに、まったくお正月気分にはなれない。 30日からのぶ子が抗がん剤治療のため 数日また入院するからということもある。 昨日実質的な仕事納めをしたものの、 年賀状の準備が全くできてないのと 部分的な掃除をするに終わってるせいで 「ケリ」がつかない感じがするからかもしれない。 さて、父の白内障手術のために家族を呼んでくれと言われて、 私は22日から実家に帰っていた。 相変わらずソファの上にでんと座って動かないのぶ子とは対照的に、 細やかに動き回る父が少しでも楽になるかと、 掃除に洗濯にいそしんだ。 日曜は昼から行ったので、父を買い物に連れて行くなどして、 掃除を始めたのは夕方からだった。 けれど、晩ご飯の準備をするまでは分刻みで働いた。 台所仕事は父はあまり得意ではないので、 料理やら片付けをさささっとしてくれる「手」があるのに安心してるみたいだった。 数日前、庭の土が入ったプランターを運んで以来、 母はまたうまく歩けなくなったらしく、料理をするどころではなかったのだ。 前にも増して何度もこけるようになった。 11月末のお風呂で溺れた次の日は右足の反応が悪かったが、 今回は左足がほとんど動かせずに、 たった3㎝も満たない段差さえも超えられなかったのには驚いた。 一体何がどうなったのか?? その晩、100均で買ってきた桶(プラスチック容器)にお湯を入れ、 …

続きを読む

もっと見る