のぶ子、なんともないので暴れる予報

昨日のぶ子の担当医から電話があった。

予定通り19日に退院しますとのこと。

その際に、痛み止めを処方せずに帰すので、
心配して病院に戻さないようにと釘を刺された。

先週あたりからまた痛みが出だしたらしく、
痛み止めを処方してもらってるそうだ。

11日に私が行ったときも痛いからと
脚に湿布みたいなのを貼ってもらってるのを見た。

腫瘍の痛みかどうかは分からないけど、
この病気は発熱したり、痛みが出たりもする。
本人はあまりその感覚がない様子だけど。

「痛い」と言ってるを見てる限り、
ホンマに痛いんかな?と思うほどの口先だけの様子。

私自身が自転車でこけて打撲と骨折したときはかなり痛くて動けなかった。

今は骨折は治ってるけど、痛みは続く。
ガマンできない痛みじゃない。でも、痛い。

のぶ子のもそんな感じだろうか。

去年おしり(にできた腫瘍)が痛いと訴えてたけど、
あのときの方が痛そうだった。

そして、痛み止めを処方してもらうと、
「なんともない♪」
とご機嫌で、自分は病気じゃないから動き回ってもいいんだと思っている。

今回の退院で痛み止めを処方しないのは、
「なんともない」と思って
なんでも自分でしようとするのを制止する意味だそうだ。

腫瘤ができてる前傾骨もがん細胞が浸潤しててもろく弱い。

ホントは立ち上がるのさえも骨折のリスクがあるのに、
トイレ以外に立ってウロウロされては困るってことなのだ。

「痛いって言っても戻ってこないでね」

先生の言葉に笑ってしまった。
よく母のことを分かっておられる。
やりそうだ。口が達者で無謀なのぶ子。
ウロウロしてこけてまた骨折なんてこと想像に難くない。

家に帰れる3日間はおとなしくしといてねってことだ。


家族が集まったとき、先生はCT検査の結果を言わなかった。
きっとひどいことになってるんだろうな。
電話口でそう尋ねたら、肩甲骨、肋骨、大腿骨、椎体にがん細胞が転移してると答えてくれた。

15日に行った治療は効いてない。
また大きくなったので、放射線治療も合わせる予定だとのことだ。

放射線を当てたらそのこぶは小さくはなるけど、
他のところは小さくはならない。

結局もう治らないってこと。

食事療法とか薬を使わない療法とかを考える時間的余裕はない。

刻一刻とがんが身体をむしばんでいってる。
のぶ子本人はそのことを理解してない、というか、
分からない。自分の知識の中にないものは見えないという判断である。

痛いか痛くないか。
ご機嫌でいられるかそうでないか。
ただそれだけ。

しょんぼりしてるのぶ子を想像もできない。
さいごのさいごまできっと、
「あたしは動けるはずなのよ!」
と思い込んだままいくだろう。

いろんな考え方をするひとは世の中にいる。
もちろん私も他の人とは違う考えもある。
合わせようとするところの方が多いと思う。

日本人はみんな同じが好きだもの。

人と違うことをしてると叩かれる。

のぶ子はそういう人。すべてが自分基準なのだ。
私がのぶ子の思うことと違うことをしてると叩かれた。
勉強をがんばって1番の成績を取っても文句言われた。
もっとがんばれと言われ、ほめられたことがない。

のぶ子自身は勉強が大嫌いで、
小学生の時教えてと私が頼むと叱られた。
「なんでこんなことも分からないの!!」と叱咤された。

私がそこそこお嬢様大学に行くことになったとき、
自分の手柄にした。

世の中にはいろんな人がいる。
SNSが広がって、顔が見えないことをいいことに叩く人もいる。

のぶ子は違う。
目の前にいても、その人を叩く。
ワルグチを言い放題。
自分の我を通しまくる。
反論されたらキレるか笑ってごまかす。
のぶ子は自分自身が正義だと思ってるのだ。

どちらがいいっていうことじゃない。


のぶ子は自分の思うがままに生きることが幸せなのであって、
だれかに「ダメだ」と言われて過ごしたくないのだ。

なんで自分の邪魔をするのか。
自分のために人は動くんじゃないのか。
それがのぶ子流の生き方。

がん細胞に生きる道を阻まれるのはイヤなはずだ。
今のこの1秒が自分本位で進まないのが許せないってこと。

だけど、自分ががんになってることを信じられてない。
(これだけ入院してても理解できてない)
「あたしがやりたいようにして何が悪い!」ってこと。


これが生きがいになるのであれば見守る。




19日に退院して家で過ごして
21日には病院に戻ってくるのよと先生が言った時、
のぶ子はプンスカしたらしい。

連休中私がずっといられないから戻るんだと言われても、
「娘がいなくても、お父さんがいてるから2人でできる!」と答えたそうだ。
こないだあんなに言われたのに。
母よりずいぶん年上のお父さんになんでもさせたらアカンのさ。
父が自分の手となり足となり動いてくれるといまだに思ってる。

頼られたらやってしまうのが父のイイトコロだけど、
父まで病院に入ることになってもらっては困るのだ。
のぶ子の手綱を引けるのは父しかいないから。



連休明けからは抗がん剤治療の予定が組まれてたものの、
今後はどういう治療計画になるのか未定。
「しばらく入院してもらうことになる」そうだ。

次はどういう決断をしないといけないのだろうか。

おてあげ状態になったときの決断。


今回、「治療はこのまま続けさせたいから」
という私の意見を通したけど、
次は、どうだろうか。

あきらめますと言ってしまうのだろうか。
そう言ってもいいのだろうか。

家族として、娘として、
後悔ないようにはやってるつもりだけれど、
こういうのは難しいものだ。

親からこんなこと教えてもらったことない。
自分の周りの人からも聞くことはない。



前もって準備することで安心して行動したい性格な私だから不安でいっぱい。

でも、
その時になって初めてどうするか考える。それでいいんだよ。
ってある人から言われた。

そうだね。どうしたらいいのかはその都度考えていく。
今は、目の前に迫ってる退院してくる母のわがまま放題にどう付き合うか考えるだけにしよう。

いい3日間が過ごせるようにと。




614201_s (1).jpg













"のぶ子、なんともないので暴れる予報" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: