のぶ子、歩き始める

のぶ子がもうすぐ退院する。

前の記事から1ヶ月以上が経つ。
転院してから1ヶ月以上経ったということだ。

転院先のリハビリ病院は過去何度もお世話になったところで、
のぶ子自身も慣れたもの。

のんびり毎日を過ごしていたようだ。

リハビリの先生と話し込んでたら帰れと言われてから、
リハビリの時には行かないようにしてたから、
ただベッドに腰掛けてるか、横たわってる様子しか見ることがなかった。

「トイレが自分で行けるように」

を目標にリハビリ計画が進められてきた。

自分でオシモを拭くのがうまくいかず、
パジャマをウンチで汚す日々が何度も繰り返されてきたらしい。

私が一晩つけ置きしてるのを見て覚えたようで、
父は慣れたものでウンチ付きのパジャマでも対応できるようになっていた。


ああ、お父さん成長したな。

なんとなく温かな目で見てしまう。

細かな家事は母任せの人だったし、
やればできるけど、やり方が分からなくてできなかった人だから。


リハビリするようになってから(若い男性と過ごす日々が続いたからか)
のぶ子は結構シャンとするようになった。

鬱っぽい様子を見せることがなくなった。




要介護3が出て、どうなるんだろうかと思いきや、
リハビリの日々で生活にハリが出てきて生きる力が前以上にみなぎってる。

ただ、このままよくなっていくとは断言できない。
波があるからだ。

退院して、父と2人暮らしに戻り、
日中は1人で過ごす時間が増えると、
刺激がなくなるからこのままの状態が続くと安心はしていられない。


のぶ子は歩き始めてよたよたでも進めてるから、
きっと自分自身、前に戻ってきてると過信しそうな気がするのだ。

それは娘だからよく分かること。

そして、また庭の手入れをして父に叱られる。

ああ、目に浮かぶわ。

何度ダメだと言われてもやりたくなる子どものようなのだ。


子どもの頃の私たち姉妹はよくのぶ子に叱られた。
それも、理由もはっきりしないまま。

女の子たちなのでそんなにも悪さはしないし、
何度ダメだと言われてやりたくなるような性格でもなかった。

ただ、母の思うように行動しなければ、1回きりでも叱り飛ばされた。

こないだ妹が言ってた。

「自分の分身やと思ってんちゃう」って。

だから、自分の思う通りに動かないと「バツ」となるのだ。

おそろしいほどのわがまま気質。それがのぶ子。笑


今は、ベッドの上ですました顔してエラそうな物言いに、
おかしくてたまらない。

あんなに母に振り回されてきてしんどかった日々はなんやったんやろ。

そう考えるとあくびが出る。
ホンマにね。
自分の人生やったのに、母の人生を歩いてきたみたいだ。


今更ながら、気づけてよかったと思う。



3月の連休をつかって帰ったとき、
コロナウイルスのせいでお見舞いが制限されてた。

その次の週に帰ったときは、
家族でもダメだと言われた。

手渡しものがあるときは短時間でならOKとしてもらった。


免疫力が低下しているのぶ子にとってはコロナウイルスかなりのリスク。

おまけに、高血圧に糖尿病持ちときてる。

母方の祖母が103歳で風邪をこじらせて肺炎でなくなったから、
私としてはそれが心配なのだ。

どれほど生命力に満ちていても、立ち向かえなければ倒れてしまうんだからさ。

だから、どんなにイヂワルばあさんであっても
助けてあげなくっちゃと思うのだよ。



私は仕事中や移動時には必ずマスク着用してるし、
手洗いうがいは絶対する。

うつらないのはもちろん、うつさない努力もしないといけないと思うから。

コロナじゃなくても、風邪やインフルエンザも大敵だからね。


実家に帰るのに期間を空けるのも、
潜伏期間とかも一応考えるからだけど、
用事があれば行かなくちゃいけないのはツラいところ。

ホントはなるべく行かないようにしてあげるのが
やさしさなんだろうなと思う。

ただ、父のご飯の用意や部屋の掃除やら、父の健康をも考えないといけない。
複雑だわ。


今週末母が帰ってくる。
何もできなくなった母が帰ってくるのだ。

何もできないのがイヤだからと
何か余計なことをしでかす母が帰ってくるということだ。

複雑だ。

のぶ子は自ら菌に飛び込んでいくやつなのだから。

カビ菌、土の中のなんやら菌もへっちゃら人生を送ってきたからね。
無菌室育ちではないだけに、無謀なことをやりかねない。

複雑としか言いようがない。

ま、歩けるだけよしとしようか。


私はしばらく帰れないけど、妹が顔をのぞかしてくれるらしい。


とにかく、今の時期を心落ち着かせて、こらえて乗り越えるしかない。

私たち家族だけでなく、
日本中、世界中の人たちがまた安心して過ごせるように。

人間のソコヂカラを信じよう。






93e0259f1dbc53cbcbabeeccba7a971b_s.jpg














この記事へのコメント