のぶ子、人をこき使う

のぶ子が退院した。
一ヶ月とちょっとの入院だった。

毎日退屈して過ごして、
かわいそうだからと毎日父がお見舞いに行ってた。

これでやっとお父さんが肩の荷が下りたね、
そう言ってた矢先、
今度は父が体調不良で寝込んでしまったのだ。

11月はじめの連休、
母の退院に合わせて介護の相談ができるように
包括センターの担当者に来ていただく手配をしていた。

お昼過ぎまで相談に乗ってもらい、
その後お昼ご飯を食べようとしてたら
父の様子がおかしいことに気づいた。

食欲がなさそうで、ボーッとしていて、
前にも急激に高血圧になったとき(もともとそうじゃなかった)と
同じような症状かもしれないと薬を飲ませたけどよくならず。

何度も嘔吐してやっと落ち着いた。

吐瀉物は私が片付けながら、
退院したばかりの母とぐったりした父だけのときじゃなくてよかったと思った。

翌日には元気にご飯を食べられるようになって一安心。

そう思ってたら、のぶ子は父をこき使い始めた。

「お父さん、リモコン取ってよぉ」
「お父さん、みかん持ってきて」
「お父さん、お茶入れて」
などなど。

自分はソファにでんと座って動こうとせず、
父を呼びつける。
まあ人使いの荒いこと。

父も病み上がりなんだからと私が手を貸したけど、
自分で動けることは自分でやるようにと主治医に言われたこと
全然覚えてないな。

「あんた、ずっとここに居ったらぁ」
と私がいたら何でもやってくれると思ってわがままを言い出した。

私も仕事があるんだよ。

のぶ子が言うには、
退院したばかりなので動くのはどうかということだ。
カラダを大事に、無理してはいけないと。

入院時からとても元気だったよ。
よく食べ、よくおしゃべりしてた。
そして、また食べた。

脂肪がつきすぎのため動くのが一苦労ということが困ってるところかもしれない。
足がそのカラダを支えるにはツラいのだろうから。


私は開腹手術して帰ってきたとき、
家のこといろいろしてた。
ご飯の用意、洗濯干し、取り込みなど当然のように。

手を貸してくれる人はだれもいなかったから。
ま、私は両親よりは若いから動けて当然なのかもしれない。
いや、そんなことないか。しんどかった。ツラいって言えなかったけどね。

仕事は、人がいないから助けてと、
結構早く復帰させられた。
お腹の傷の痛みに耐えながら自転車30分ぐらいこいで職場に向かったのを思い出す。

ちゃんと乗り越えられるもんだ。


のぶ子はどこも切ってない。

入院中食べ続けて肌つやがよくなって帰ってきた。
父は毎日見舞いに行って、疲れて体力を消耗した。
ふたりは対照的だ。

人をこきつかう母と、
せっせとお世話する父。

昔からそうだったけど、
これも愛情なのかな。

私としては少しでも父を楽させてあげたいのだが、
かといって毎日お世話に行くには遠すぎる。

私ができることは精一杯する。

のぶ子も父に感謝して過ごしてくれたらいいんだけどね。

e6e534bdd8ded6b20c892d643c89efeb_s.jpg






寝るときの布団は昔から使ってるものだ。

実家に家族が一堂に集まったときように、
敷き布団や掛け布団はたくさん置いてある。

布団を毎日干すのはしんどい年齢になったから、
お布団のクリーニングが簡単にできれば助かるなと思ってた。

最短5日で全国対応できるお布団の水洗いクリーニング。




毎日肌に触れるものだから、薬品洗いはありえない。

赤ちゃんでも年老いた父にでもやさしいお布団になるだろう。

のぶ子はどんなものでも対応可能だろうけどね。







丸洗いで布団の汚れやダニをキレイに【布団クリーニングのリナビス】



この記事へのコメント