のぶ子、柿も牡蠣も食らう

のぶ子はかきが好きだ。

「かき」とは、柿と牡蠣。
どちらも大好きなのだ。

秋になると、柿がたんまり。
スーパーで買ってくるのもあり、
どちら様からかいただいてくるのもあり。

ネットで調べると、柿の種類は結構あるようだ。

富有柿はよく耳にするけど、平べったいのやら、
とんがったのやら、子どもの頃にいろいろ食べた記憶がある。

祖母の家から送られてきた干し柿。

子ども時代には何が美味しいのかと思っていたけれど、
大人になって食べると、
何が美味しいのか分からない美味しさを感じる。

白く粉を吹いてるのがカビに見えて、
子どもの頃は気持ち悪くてイヤだった。

のぶ子はカビが生えていても平気で食べさせる人だったから、
それがカビなのかそうじゃないのかが判別できなかったからだ。

そして、究極の柿の食べ方は、
熟れてじゅくじゅくになったのをすすりながら食べることらしい。

皮の一部に切れ目を入れて、
熟れた実を吸い込む。

横で見てると、あまりきれいな食べ方じゃあないなと思ってた。

そこは、真似せず育った娘たち。

いろんな食べ方があるもんだ。


さて、牡蠣といえば、生牡蠣が最も好きな食べ方のようだ。

大根おろしでアクや汚れを取って、
酢に漬けて生で食べる。

実は、この食べ方で一度私はお腹を壊したことがある。
大学生のときだったか、社会人になったばかりの頃か。

のぶ子にとっては、「賞味期限」というのはあまり意味がない。

過ぎても平気だと、家族にも食べさせる。

あのときは、生牡蠣3日目。

大丈夫、大丈夫の言葉に、私も食べた。食べたのはふたり。

母と私がお腹をこわした。

貝毒はこわい。十分注意が必要だ。

それ以来、生牡蠣を食べるときは、新鮮であることは必須で、
作った日中に食べるってことを徹底してる。私は。

牡蠣も柿も、それ以外でも、
賞味期限は守ろうさ。


そういえば、今日父が電話の向こうで笑ってた。

「今日お母さんに柿とみかんを持って行ったってんけどな。ガツガツ食べとったわ」
「あの食欲。あれ、ホンマに病気なんやろうか?」

今までも入院中、食べちゃダメと言われても、
食べ物を要求してた。

引き出しにヨーグルト隠してたぐらいだから。

今の入院は抗がん剤治療のためだからか、
何を食べてもいいらしい。
(ホンマか??)

それにしても食べ過ぎやと思うのだ。
体重は減らしなさいと言われているのに。

寝て、起きたらトイレに少し動いては、また寝て、
起きたら食べて、また寝て。

家にいるときと同じ。

柿もみかんも、牡蠣も羊羹も、
食べ過ぎ注意!とだれか札でも貼ってはくれまいか。

248ab21f3fddae574e55b2ae5eb133e5_s.jpg




柿の渋み(タンニン)が臭いを吸着する効果は知られていて、
実家にも柿渋シャンプーがお風呂に置いてある。

私はまだ加齢臭はないぞ!と思いながら、
実家に帰るとそれを拝借する。

いつも使っているフローラルな香りは全くしないけど、
イヤな香りもしないし、枕に臭いは残らないようだ。



背後にたつと、たまに体臭を感じる人がいる。
それを知ってから、わたしは自身の体臭を気にするようになった。

「薬用柿渋石鹸」は全身に使えて汗の臭いも消してくれるらしい。

柿タンニンと茶カテキンのW消臭パワー&保湿・美肌成分?
保湿成分もたっぷりだから全身すべすべに!

石鹸て肌がパサパサになりがちだけど、
しっとりしながら臭いが取れるってやつだ。

マーキングしたいなら使わない方がよさそうな石鹸だな。

のぶ子は、食べ物の臭いを取った方が食欲が抑えられるかもしれないな。








この記事へのコメント