のぶ子、ひとりほくそ笑む

のぶ子は短気だ。

なんでも自分の思い通りにならないとキレる。

キレるポイントが私らにはよく分からない。
どのスイッチで爆発するのかが。


私が小学高学年か中学1年生ぐらいの頃のこと。

ある夏の日、新製品がやたらに好きな父が、
ステレオを買ってきた。

黒くて大きくて、スピーカーも大きなやつ。

マイクを使えば、声が録音できる、

今でこそボイスレコーダーがスマホのアプリにもあるぐらいだが、
当時は「スゴい機能」だった。

カセットテープを入れて、赤い録音ボタンを押せば、
自分たちの声だって、テレビの音だって録音できるのだから。

まだ子どもだった私たちにとっては
最高級のおもちゃが我が家にやってきた感があった。

夜8時ぐらいだったか、
そそくさと晩ご飯を終え、
妹とふたり、ステレオの前に陣取り
マイクでいろんな音を録音して遊んでいた。

カセットテープを巻き戻し、
何度も聞いては、また録音してを繰り返し、
私たちは夢中になって遊んでいた。

その日は母がゆでてくれていたトウモロコシが
テーブルの上にあったと記憶している。

私たち姉妹はテレビとその近くに置いたステレオを行ったり来たり。

回りのガサゴソ動く音も録音されていたので、
もっときれいに音を録音しようってことになった。

そこで私がテレビの真ん前に陣取って、
マイクをテレビ画面にくっつけてじーっとしていた。

息を合わせ、妹がステレオの前で録音ボタンを押してくれた。

その時、のぶ子がおもむろにしゃべり出した。

「トウモロコシ食べへんの?」
「んふふふ、ブツブツ・・・・・。ヌフフフフ♪」

私らが一生懸命息を凝らしてテレビの音を録音してるっていうのに、
空気読んでよ!

そんなタイミングでしゃべり出したのだ。

そうなのだ、のぶ子はいつも自分のやりたいように、
言いたいように行動する。

人への気遣いは全くない。特に、家族への気遣いはナッシング!

もう、ホンマにー!と私たちは怒っていたのだが、
テープを巻き戻してその音声を聞いたら、
怒りどころか、笑いがこみ上げてきて止まらなくなった。

のぶ子の言葉の真意はご想像におまかせすることにして、
ヌフフフフと不気味に笑っている声が妙におかしい。

笑いのスイッチが入った私らは、お腹を抱えて笑い始めた。
何度も巻き戻しては聞いて笑いを繰り返して
しまいにはお腹がいたくなるほどだった。

そうこうしているうちに、のぶ子がキレた。

私らはぶちのめされた。

親を笑ったからか。
その前には自分で自分自身のヌフフフフの声を聞いて笑ってたのに。

分からない。なぞだらけ。

さっきまで楽しい時間だったのが、
地獄絵図のようになったのがとても残念。

でも、その後どんなにマイクでいろんな音を録音しても、
あののぶ子のヌフフフフにかなうような声も音も入ることはなかった。

ステレオは大活躍した。
私たち姉妹にとっては、青春時代の思い出の1つ。

といっても、私がラジオで基礎英語を聞くぐらいだったけど。

(妹はおしゃれな音楽を聴いてたかもしれない)

のぶ子も少しはステレオでおしゃれな曲でも聴いて、
ノリノリで踊ったらよかったのにね。

545d77170a54549a0e1c1697dc7960b5_s.jpg





私らはのぶ子によく「しばかれてた」けど、
注文したら新鮮な「さばきたての馬刺し」を届けてくれる
ネットショップがあるらしい。




その名は「熊本馬刺しドットコム」

瞬間冷凍の小分けパックになっていて、
必要な分だけ解凍できるので鮮度バツグンだ。

その上、美味しい食べ方まで伝授してくれる親切さ。

だれかへの贈り物でもいいけど、
自分へのご褒美が一番だと思うな。











この記事へのコメント