のぶ子、がんでもなんでも

のぶ子が入院した。

のぶ子はがんだった。

こないだの行きつけのお医者さんは、
今回ばかりは的を射る診断をしていたらしい。

そのおかげで、がんだと分かったから幸いだ。


もともと前に悪性リンパ腫だと診断を受けていたけど、
特に治療せずに過ごしていた。

昨日医師の呼び出しで私も病院に行き、
ことの詳細を聞いた。

7年ほど前に悪性リンパ腫と告知をされ
治療をするかどうか判断を仰がれたとき、
母は治療をしないを選択した。

医師によれば、その時はどちらであってもいいとのことだったから。

もし7年前に抗がん剤治療などをしていたとしても、
同じような症状にはなっていたと言う。

その当時はステージ2。
昨日の診断はステージ4。


がん細胞は全身に転移していた。

特にお尻のあたりが一番ひどいらしい。

悪性リンパ腫はおなかの辺りにできていたらしいから、
そこから飛び散ったのならそうかもしれない。

それは昨日聞かなかった。

二の腕にも大きな転移が見られて、
そこが今後骨折する可能性が大きいそうだ。

父からの電話では、「骨がん」とのことだったが、
医師からの話の中では特別その言葉は聞かれなかったからよく分からない。

私が呼ばれたのは、両親の話だけでは心許ないから。
理解してもらうために呼んだとのこと。

そりゃそうだ。

痛みがあるから、ただそれを取りたいと思うのぶ子と、
まだ貧血が治りきってない父にはしっかり考えることは難しい。
娘だから当然だ。

医師から告げられたのは、
「治療するかどうか」

のぶ子にその意志があるなら、
全力で精一杯治療すると言ってくれた。心強い。


治療しないなら、痛みが続き、
1年以内に亡くなる。

「えー、痛いのはいやー」
「わたし死ぬの?」

のぶ子の口から出た言葉はこれ。


確かに、痛いのはいや。死ぬのはいやだよ。
でも、なんとなく人ごとのことをしゃべってるようにも見えた。

自分のことだよ、お母さん。

そう思いながら、私もなんとなくどこかよそ事を聞いているような気がした。

休み明けに注射針を入れて、お尻辺りの検体を多めに取って
それをもとに治療方針やら薬やらを決めるらしい。

すぐに終わるから、娘さんは来なくていいよ。
検査結果が出たら呼び出しするから。


担当医はなかなかの上からの物言いで、
最初びっくりしたけど、
のぶ子には丁度いい先生だなと思った。

だって、優しく言われてもきっと、
のぶ子は我を通すから。
自分のやりたいことを貫くのは何があっても変わらない。

さすがのぶ子。

ただ、のぶ子はすごいなと思ったのは、
痛みに強いこと。

女性はかなり痛みに強い。
私も以前病気になったときはガマン強く痛みに耐えた。

旦那さんに大げさに言うなと文句を言われながらも
日常生活を送ってたもの。

のぶ子の場合は、もしかしたら鈍くなってるだけかもしれない。
膝下を骨折したときもそう。

行きつけのお医者さんでは骨折の診断をされず
(レントゲン撮らなかったから)
もらった湿布をずっと貼り続けた。

2週間後、私から大きな病院で診てもらえと言われてはじめて
骨折してたことを知った。

痛いなあと思ってもそのままにしておくところがのぶ子らしい。

がんの痛みは私には分からない。

ただ、少しでも楽で過ごせたらいいと思う。

脂肪が付き過ぎででっぷりと血色がよく、
二人並べたらどう見ても父の方が痩せて体調悪そうに見えるのが
なんか笑える。

重すぎて車椅子を押すのに一苦労したぐらいだ。

人一倍声が大きくて、診察室前でも大きな声で、
「あたし、いつ呼ばれるのかしら!」
と何度も言う。

この大きな声に辟易しながら、
今後、大きな声が出てよかったねと言う日が来るんだろうか。

私たちには見守ることしかできない。

のぶ子の言葉に傷つけられた過去と向き合いながら、
日々を過ごしていこう。

501ca880296e1035d98d76f555a81d38_s.jpg




カラダの中の細胞を健康できれいな状態で保つのは
なかなか至難の業だと思う。

日々の食事を制限したり、栄養を考えたりするのは
難しいことだ。

のぶ子も自分の好きな味付けで何十年も過ごしてきた。
「好きなもの」だけじゃなく、
「カラダにいいもの」もプラスすることも大事だったね。

モリンガの青汁は栄養価が高く飲みやすいみたいだから、
わがままのぶ子にもぴったりだったかも。

40代ぐらいに飲み始めてたら、
入院することはなかったかなあ。

今更だけどね。




ミラクルツリー「モリンガ」と3種の乳酸菌&4種のオリゴ糖/煌めきモリンガ青汁











この記事へのコメント