のぶ子、うれしそうに縄跳びする

のぶ子は声が大きい。

なぜにあんなに大きな声が出るのだろうか
不思議であり、うらやましくもある。


私の声は細く、遠くまで通らない。

お店の中でオーダーしたいとき店員さんに声が届かないから、
結構大変だ。

はたまた存在感が薄いからというのが原因かもしれないけれど。
たまに「オーラ」を光らせたら、道行く人がよけてくれるのがいい。笑


さて、のぶ子は病院の中でもおかまいなしでおしゃべりさんだ。

病室の中でもよくしゃべりすぎて、
「うるさい!」と何度も言われたことがあるらしい。

父が肩身の狭い思いをしたと言っていた。


若い頃から声が大きな方だったと思う。

遠慮がないので、ワルグチでもあっけらかんとそこら中で言う。

清々しいほどだ。


私が小学生のときに庭で縄跳びをしたとき、
ひぃはぁ息をあげながらも
のぶ子はおしゃべりしながら跳んでた。

数を数えたり、あれやっとけこれやっとけやら言ったりしながら。
そして、だんだん声が大きくなる。

私は母と跳ぶ競争をした。

何回跳べるか、エックス跳びできるかとか。

子どもならではのお得意分野で、母を負かそうと思っていた。

普段はよく怒られるので、ここでいい所見せたいからだ。

たまにはほめてもらいたいのだ。よく頑張ったねって。

ま、ほめられなかったね。いつものことさ。


当然小学生と30代の体力勝負となると、小学生のほうが勝つ。

跳びながら私のスペースを侵略してくるのぶ子。

息が上がりながら縄跳びにひっかかってのぶ子、終了。

必死になってる姿がおもしろかった。
珍しくうれしそうだったのもおもしろかった。

普段は怖い顔ばかりしてたから。

跳びながらいろんなことを言ってた。
大きな声で言わんといて!と思うようなことも言ってた。

はばかろうよ。そこ。
聞いてるのは私だけじゃないから。
ご近所さんには届いてるよ、その声。

楽しそうだったからね。

許そう。私のことじゃなかったからさ。

23a72cee3272480d423bc8f2e4f16825_s.jpg



昔はなかった立ち乗りスクーター、セグウェイ。
体重移動で方向転換できるらしい。

のぶ子がセグウェイに乗ったら、止まることなく
どこまでも運ばれてくんじゃないかと想像した。






ヤバい。おかしくて笑いが止まらない。


この記事へのコメント