のぶ子、生き生きする

抗がん剤治療スタートしてから約1週間、 8月末にのぶ子の病院にお見舞いに行った。 どんな様子だろうか。 薬が効いてるだろうか。 弱ってないだろうか。 それまで電話では父から母の様子は聞いていた。 「いつも通りや」 よくしゃべり、よく食べるってことだ。 入院時、薬の効きが悪いという先生の言葉。 腫瘍は小さくなっただろうか。 食べることで元気百倍だといいんだけど。 病院への道のりは遠いようで近くに感じた。 時間的には前の病院よりも早く着くのは当たり前なんだけど。 電車に揺られながら目をつぶって頭の中はいろいろ思考してた。 人間の思考ってネガティブな方に傾きやすいんだな。 勝手にネガティブなストーリーの映画が頭の中で進行していくと 時間はあっという間に過ぎてった感覚。 行く度にそう思う。 もっと自分にとってステキなストーリーであればいいのにと。 母の今後のことでいろいろ考えるストーリーなんかでなく。 コロナウイルスの関係で面会はできないことになってて、 でも、退院は9月5日予定以外のことは知らされてない。 勝手に想像してても仕方ないので、先生に確認してもらうように伝言して帰った。 週明けに連絡があって、9月8日に家族に説明をする場を持つということでまた病院に行ってきた。 まずは母のこれからをどうするかってコトを考えなくてはいけないから。 治療を続けるのか、やめて施設に入れるのか。 治療をするな…

続きを読む