のぶ子、「手術はイヤ!」と訴える

先日、のぶ子の脚の腫瘍を診てもらうために、 1日外出ってことでがんセンターに行ってきた。 朝4時半に起きて準備して行ったのだが、 それはそれは携わった皆が緊張で張り詰めてた。 ピンと張った糸に触らんようにしてる感じでもあった。 家族も病院の看護師さんたちも。 その中でひとり、お出かけ着にお着替えさせてもらってご機嫌なのぶ子。 ものものしい雰囲気の中、 のぶ子だけは軽い感じで陽気に介護タクシーに乗せられ、 父とともに一足先にがんセンターまで運ばれていった。 今回は妹が車を出してくれて、私たちは追走し、 のぶ子の病状や今後のことやら話ながら向かった。 11時予約で、10時半までに受付を済ませるようにと言われてたけど、 かなりの人で初診受付でさえかなり待たされた。 11時からなのにいいのかな?と思うぐらい、 ほぼ11時になったころに次の案内がなされ、 あらたな場所に受付したら、 またそこで問診を書かされた。 ここでもかなり時間を食った。 やっと中待合までやってきて、そこでも呼ばれる様子もなく。 「あんた、カバンの中にあめちゃん入ってないの?」 そう言いながら動く左手を出してくる。 その場にいたみんなに「何かないの?」を繰り返す様子を見てたら、 誰のために今日ここにいてるんやろうか?と不思議な気持ちになった。 後で聞くと、母をおとなしくさせるために妹が売店でアメを買ってきたらしい。 袋を父に開けさ…

続きを読む