のぶ子、首は元気です

のぶ子は、今月17日に大腿骨の手術をした。 また、手術した。 また、大腿骨を。 大腿骨の付け根。 今回は右。 家族誰もが、「また?」と言う。 本人は慣れっこの骨折。 手術日には行けなかったので父から様子を聞いた。 「手術時間は2時間て聞いてるねんけど、出てこない」 とメールが来てた。 まあ、多少は長引くことがあるし、私の時もそうだったからそれは気にしてなかった。 「手術は予定通り2時間やったらしいねんけど、輸血を1時間ぐらいしてたらしい」 入院時に血液検査したとき、貧血があるというのと、 前に骨折したときに入れてた金属を取り出すときに出血することがあるから。 だから、輸血する可能性は大だと聞いてたから、なるほどと思った。 手術が終わって病室に戻されたとき、 酸素マスクやら点滴やらといろんなものに繋がれてたと父が言ってた。 私が手術終わったときは、脱力感とカラダが動かないなんとも言えない病人的な感覚で 天井を見上げてボーッとしてた。 私は内臓の手術だったからか、お腹開けられて力が出ないって感じだった。 母はというと、マスクしたままなんかずっとしゃべってたらしい。 普段は同室の人にもうるさい!と思われるぐらいの大きな声でおしゃべりする人なのに、 「なに言ってんのか聞こえんかった」 と父が言ったほどだから、よっぽど声は小さかったんだろう。 でも、ずっとブツブツしゃべってたって。 お母…

続きを読む