のぶ子、反省する

のぶ子が反省をした。 知りうる限り、 「謝る」「反省する」 をしたことがない。 確かに、口ではそれらしい言葉を発したことはあるが、 心が乗ってなければそれは謝罪でも反省でもない。 それなのに、のぶ子からそんな言葉がもれた。 どうした!? 先日父の白内障手術につきそうために平日仕事を休み、 前日から実家入りして母の介護担当者や地域包括の担当者と 介護や転院の話し合いをした。 リハビリ病院に転院すれば、2ヶ月以内に退院しないといけないらしい。 以前、脚の骨折で転院受け入れしてもらったときは、3ヶ月。 今回は肘の骨折なので、弱った脚の機能回復も含めていたとしても2ヶ月らしい。 その間にもとのような生活が送れるようにするか、 介護施設に入るかしないといけない。 父がひとりで母を介護することは難しいからだ。 そのことも含めて、医師とも話し合いをしていたところだったのに、 もう転院の話が出てきたのかとびっくりもしていた。 がんによる左手の後遺症があり、骨折による右腕が不自由な状態で、 のぶ子にはリハビリを頑張ってもらわないといけない。 もともと頑張るのが苦手な人で、 柔らかいボールやお手玉をにぎにぎして左手の機能回復をしようねと言ってたのに、 すぐに飽きてポイッとほったらかしにしてた。 脚の筋肉も弱くなったし、むくみもひどいから、 少しでも脚を動かそうねと言い聞かせても、 すぐにやめてじーっ…

続きを読む