のぶ子、置き土産する

のぶ子が骨折で入院してから3日目。 私はこの連休には実家に帰れないけど、 毎日父には電話をしている。 父は高齢だし、ひとり暮らしになってるからだ。 入院当日は夕方遅くにも連絡がつかず、 どうしてるんだろうかと思っていたら、 22時前頃電話が来た。 妹が長い時間居て入院の手配や先生との対応をしてくれて、 あまりにも遅くなったから 晩ご飯をふたりで食べに行ってたのだそうだ。 妹は20時頃に帰ったとのこと。 始発のバスに乗って行ってくれてたので、 かなりの長時間居たことになる。 9月のがん治療での入院のときも、 私と昼に入れ代わりに来てくれて 遅い時間まで解放されなかったと聞いていた。 ほんとご苦労様だ。 さて、その入院当日遅くかかってきた父の電話では、 やっとのんびり寝られるとホッとした様子だった。 毎晩3回ほどトイレで起こされて、 紙パンツでするのをイヤがるから ポータブルトイレか洗面器で受けるかで対応していたらしい。 前までは別の部屋でそれぞれのんびり寝ていたが、 11月末のお風呂で溺れた事件以来、 1階の和室で布団を敷いて母のベッド横で寝ているのだ。 最近ののぶ子は腕のせいで歩くのもできなくなり、 おもらしをすることが多くなったらしい。 「(お母さんいないから)今日は2階でのびのび寝るわ」 ってうれしそうに話してた。 退院から1週間でそんなことになって、 脚が思うように…

続きを読む