のぶ子、大変(てーへん)だ!の八兵衛になる

のぶ子が大変になった。 いろんなことが大変になったが、 笑えるほど大変、大変なのだ。 大変だ=「てーへんだ」であれば、うっかり八兵衛を思い出す。 (ご存じない方は『水戸黄門 うっかり八兵衛』で検索願いたい) さて、のぶ子が正月3日に退院して、 実家が急に騒がしくなった。 年末に家の中でこけて右肘あたりを骨折?したまま帰ってきて、 痛くて仕方なかったと思う。 痛み止めをもらって飲んだらすこし落ち着いたみたいだけれど、 手が動かないのでトイレも不便になった。 手が動かないことは這って移動することも不便となり、 リビングのソファに座ることも 台所で料理することもできないということだ。 仕事始めの翌日、7日の昼頃に母から携帯に電話がかかってきた。 すぐに取れなかったから留守番電話にメッセージが入っていた。 「大変大変、電話してきて~(;゚ロ゚)」 何事か!? なんどもかけてもつながらない。 そうしている間にのぶ子からまた電話がきた。 もしもし?どうしたん? 「(モソモソ)・・・大変や、大変や」 だからどうしたの?なんかあったの? 「お母さん、手が痛くて大変やねん」 そうやな、折れてるかもしれへんから大変やなぁ。 「手が痛くて大変やねん」 そりゃ痛いわな。大変や。 「大変やねん、なんもできへんねん」 そうか、そりゃ大変や。 なんもできへんのやったら、テレビでも見と…

続きを読む