のぶ子、プライドはエベレストより高く

のぶ子は要支援2だ。 11月に出た結果に、「意外とそんなもんか」という感じだった。 だけど、日を追うごとに体調は変化する。 よくも悪くもなり、 気づけばまったく歩けないときもある。 家の中でも何度もこけて、家族を心配させるぐらいならいいのだ。 骨折して歩けなくなるのが一番厄介だもの。 今回は右腕のひじあたりをぶつけたか、自分の体重が一気にかかったかで 負傷している。骨折かヒビか。 歩く際、私が腕で支えたとき肘辺りがグラグラしてるような感覚だったから 早く病院に行ってほしいのだが、休み明けの今日は行かなかったらしい。 年明けで混んでるだろうからとのこと。 泌尿器科に薬をもらいに行かないといけないし、 整形外科で骨折かどうかも診てもらわないといけないし のぶ子のおしもの世話もしないといけないしで 父は大忙しなのだ。 ただ、母のことをしているから頭がしっかりしてるのだと思う。 これをすべて私や妹がやってしまえば、 一気に物忘れが進んでしまうだろうから敢えて見守っている。 ふたりで生活をするなら、サポートはしつつも完全に変化させないようにしないといけない。 (これは医師から言われているから) 今朝妹が父に電話をした後、 のぶ子がベッドに上がるのが怖くて畳の上に布団を敷いて寝ているらしいと言ってきた。 ポータブルトイレがあるのに寝たままでおむつパンツでしてるらしいから 寝たきりになるんじゃないかと心配してた。…

続きを読む