のぶ子、暴君として君臨する

令和元年がもうすぐ終わる。 年末だというのに、まったくお正月気分にはなれない。 30日からのぶ子が抗がん剤治療のため 数日また入院するからということもある。 昨日実質的な仕事納めをしたものの、 年賀状の準備が全くできてないのと 部分的な掃除をするに終わってるせいで 「ケリ」がつかない感じがするからかもしれない。 さて、父の白内障手術のために家族を呼んでくれと言われて、 私は22日から実家に帰っていた。 相変わらずソファの上にでんと座って動かないのぶ子とは対照的に、 細やかに動き回る父が少しでも楽になるかと、 掃除に洗濯にいそしんだ。 日曜は昼から行ったので、父を買い物に連れて行くなどして、 掃除を始めたのは夕方からだった。 けれど、晩ご飯の準備をするまでは分刻みで働いた。 台所仕事は父はあまり得意ではないので、 料理やら片付けをさささっとしてくれる「手」があるのに安心してるみたいだった。 数日前、庭の土が入ったプランターを運んで以来、 母はまたうまく歩けなくなったらしく、料理をするどころではなかったのだ。 前にも増して何度もこけるようになった。 11月末のお風呂で溺れた次の日は右足の反応が悪かったが、 今回は左足がほとんど動かせずに、 たった3㎝も満たない段差さえも超えられなかったのには驚いた。 一体何がどうなったのか?? その晩、100均で買ってきた桶(プラスチック容器)にお湯を入れ、 …

続きを読む

のぶ子、不服申し立てる

8月から父が体調を崩し、 母ががんの治療をすることになり、 今年の後半はとても忙しい日々を過ごすことになった。 令和元年もあと2週間ほどで終わろうかとしている矢先、 父が手術を受けることになったからと のぶ子から電話があった。 「あんた、今何してるん?」 今日(土曜日)は午前中お客さんのところに仕事に行ってたよ。 今は仕事じゃないけど、このあと用事ででかけるんだけど。 私の答えをさらりと流し、言葉を続けた。 「あんたねぇ、お父さん23日に白内障の手術するんよ。 家族みんな呼んでって先生に言われてんけど来てくれる?」 「お母さんとあんたと○○(妹)も呼んでって言われてん」 「前の日から来てくれたら、朝早くに行けるんやけど」 (家族全員て白内障手術やろ?・・・) 23日休めるかまだわからんけど、何曜日やった? 「火曜日や」 かみ合わない電話を切って、 翌日父に電話した。 23日は月曜日なので、22日の日曜から私が行って、 手術当日の送り迎えをすることを伝えるのと、 家族全員呼ばれたのは何か問題でもあるのか?ということを聞くためだ。 父が高齢なので本人以外の家族を呼ぶのは分かるけど、 家族全員て何事?って思ったから。 話しぶりを聞く限りは元気そうでなによりだった。 手術をすることになった経緯にはひっくり返りそうになったが。 そしてついでに、のぶ子がデイサービスを受けたことを聞いてみた。 楽しかったみ…

続きを読む

のぶ子、我が道をゆく

のぶ子は77歳だ。もうすぐ78歳になる。 昨今は77歳といえばまだまだ若手になるのだろうか。 本人もおばあちゃんのつもりは全くない。 買い物先で見かけた白髪のおばあちゃまと同年代ぐらいだねと言うと、 「一緒にせんとって!!」 と怒り出す。 いや、きっと同じぐらいだろうに。 自分はどこかてっぺんから世界を見下ろしてるんだ と言わんばかりな雰囲気を醸し出してるのだから手に負えない。 そこはやっぱりのぶ子だなと思うのだ。 さて、11月初めに退院して、通院で抗がん剤治療をしているのぶ子。 介護認定は「要支援2」という結果に終わり、 それに合わせて介護サービスの手配をすることにした。 11月も終わりのブラックフライデー。 翌日のケアマネジャーさんとの打ち合わせのため この日の午後、実家に帰ることにした。 29日は整形の診察があるとことで病院で待ち合わせし、 帰りに買い物を済ませてのんびり週末の夜を過ごそうと思っていた。 だれもがそうなると思っていた。 ところがだ、お風呂を寝る前に入りに行ったのぶ子がちっとも上がる様子がなく、 私も父も風呂場の扉の前で落ち着かずに何度も様子を伺いに行った。 「大丈夫、大丈夫」 「もうすぐあがるから」 そんな返事を何度か繰り返し聞いたが、 さすがに1時間は長すぎるからと私が扉を開けたら、 お風呂の中でプカプカ浮いていた。 体重が70キロ以上あっても浮力があるから浮いて…

続きを読む