のぶ子、ミシンをゲップする

のぶ子は若い頃、内職をしていた。 フェルトのサンタクロースが家の中にあふれてたのを覚えている。 フェルトといっても、手芸屋さんで売ってる 厚みのある生地のことではない。 クリスマスシーズンになるとよくスーパーも売ってるサ ンタのお菓子袋みたいな生地といえば分かりやすいだろうか。 金色の山道テープ(波波のかたちのリボンみたいなもの)を 生地の縁取りにミシンで縫い付けてたのか、 ボンドで止めていたのか覚えていないけど、 キラキラしてて可愛いなと思ってた。 当時のミシンと言えば、 足踏みミシン。 みぎひだりと足を踏みふみしながらミシンを動かしてた。 私はまだ2歳ぐらいの時かな。 ほとんど覚えていないけれど、 サンタの赤い帽子だけはよく覚えている。 さて、のぶ子は意外と裁縫ができた。 今では針に糸を通すことは大変になったけど、 まだ若かりし頃のことだからね。 私たちが小学生に上がって、カバンとかぞうきんとかを縫うのに必要になったら のぶ子が作ってくれた。 いや、カバンはどうだっただろう? スカートとか夏用のワンピースとかは作ってくれたかな。 簡単まっすぐ縫いのやつ。 でも、子どもの頃はのぶ子作のワンピースをよく着てた。 ゴムがきつすぎて、胸とお腹にゴムの跡がついたけど。 その頃かな、ジャノメのミシンをゲップで買ったのは。 ゲップ=月賦のこと。 つまり、何回払いか月々で支払うってこ…

続きを読む