のぶ子、甘いものにやられる

のぶ子は、食に関することには大いに興味を持つ。 食べることへの情熱はやむことがない。 片や父は、食欲がかなり減退しているようで、 毎日お昼に食べるうどんでさえも1玉食べきることができなくなった。 若い頃から好き嫌いがあることで、 長期的な貧血を起こした可能性もあるので、 入院以来はお肉もがんばって食べているようだ。 そんな父が、先日頭がふらっとして足元もおぼつかず、 嘔吐したとの連絡があり、また貧血の症状かと病院に行ったら、 高血圧が原因だったとのこと。 もともと高血圧ではないので心配だが、 もらった薬を飲んだら落ち着いたと言っていた。 貧血もよくなってきているとのことだったから、 ひとまず安心した。 高血圧と言えば、のぶ子はずっと高血圧の薬を飲んでいる。 いつから飲んでいるかは知らないけれど、 かなり長いこと飲んでいる。 自宅の血圧計で毎日血圧を測っているのも知っている。 コントロールができているのならいいだろう。 ただ、主治医の話の中で、 「糖尿病あり」と聞いたのがかなり引っかかっている。 いつから?知らなかった。 そういえば、10月初旬の主治医からの治療方針の話の時、 言ってたなと思いだした。 その時も、えー!って驚いたけど、 がんの治療のことにみんな意識が向いていたので忘れてた。 妹も知らなかったと言ってた。にんじんのケーキを母に差し入れたらしい。 先生からは、…

続きを読む