のぶ子、看護師さんにケンカを売る

のぶ子はまだ入院中だ。 昨日私は、介護認定の審査の方にきてもらうのに立ち会った。 母には前もって伝えていた。 できないことを無理してできるって言わなくていいからねって。 何でも必要以上にはりきるのぶ子。 絶対にやり始めるに違いないと思っていたら案の定。 「足、こんなに上げれます!」 ベッドに腰掛けて、片足ずつ膝の高さまで踏ん張って上げてた。 (そんなに勢いづいて張り切らんでも・・・) 私も父も苦笑い。 ただ、一番最初に今の季節を聞かれたとき、 「まあ、いい季節ですねぇ」 って答えた。笑う!! その前に、「今何月ですか?」と聞かれたとき、 父がこっそり、10月って教えてしまったのも笑えた。 教えたらあかんやん。おかしすぎる。 のぶ子は質問されたことにはなかなか鈍く、 寝返りしてくださいと言われたときも、 ベッドに馬乗りで乗り始めて、 寝返りをすることができないと知らしめた。 いや、寝返り態勢には入れないことをだ。 母へのヒアリングが終わったら、 娘の私へのヒアリング。 「最近怒りっぽくないですか?」の質問に、 いやあ、昔よりは穏やかになったんじゃないですかねぇ。 そう答えてしまった。 だって、私が子どもの頃はすぐにキレて、 声を荒らげたり手を上げたりしてたもの。 最近は口うるさいけど、手を上げることはなくなった。 ま、カラダが瞬発力を失ったからともいうが。 ところがだ、…

続きを読む