のぶ子、コップごと洗濯する

のぶ子は適当大魔王だ。 言い換えると、雑とも言う。 雑で世の中を渡ってこれた人生はホントすばらしい。 私ものぶ子に倣って、雑だと思う。 人からはかなり細かいA型だと言われることが多いけど、 おおざっぱなO型はのぶ子の血を色濃く受け継いでいるような気がする。 真面目にきっちりやり遂げるきめ細やかなO型の面は、 父の血を受け継いでいる。 それは間違いない。 さて、相変わらずののぶ子のことだが、 それはアカンやろうってことをやったことがある。 「アカンやろう」はよくあることなのだが、 人にケガをさせるような行いをした「アカンこと」だった。 割れたグラスを洗濯機に入れて、 他の洗濯物と一緒に回していたという行いだ。 ある休みの朝のこと。 テーブルの上に置いていたグラスの縁が何かにぶつかって 欠けてしまった。 そして、欠けた縁から底に向かってヒビが入ってしまった。 「危ないから触ったらアカンよ」とのぶ子。 子どもたちはまだ中高生ぐらいのときだったか、 ケガしないようにと声をかけてくれた。 幼い子じゃないので、近づかないようにしていたし、 私も他の片付けやら自分の朝の支度やらにその場を離れ2階に行ったので グラスのことはすっかり片付いたものと思っていた。 しばらくしたら、母が洗濯機を回しはじめた。 朝洗濯をするのは日課なので特に気にもしていなかったのだが、 そのうち変な音が聞こえてくることに気…

続きを読む