のぶ子、たまごを並べる

のぶ子はいつもたくさん買い置きをする。 買い置きがあるというのに、 またさらに同じものを買い置きするのだ。 たまごがいい例である。 道の駅に行くと、新鮮な野菜や果物、たまごなどを買うことができる。 毎週土曜日に訪れる場所があるらしいのだが、 そこに隣接する道の駅のような場所で毎回たまごを買っているようだ。 ちなみに、両親はふたりで暮らしている。 だから、買い置きするほど食材が減ることはない。 産みたてのたまごを見ると、 買わなくっちゃという衝動に駆られるのだろうか。 たまに父がゆでたまごを作り、 毎昼ご飯に食べるうどんに1つ落とす。 晩ご飯に母がたまご料理をすることがあればその分減る。 一週間のうちにたまごの消費はおそらく10個以内。 冷蔵庫のドアポケット20個分が茶色い球で埋め尽くされている。 並べては買い、入らない分は買ったままの状態で冷蔵庫の棚に入れられる。 20個のたまご用のポケットをすべて埋め尽くす必要はないはず。 20個を埋めるために減ったら買い足してたら、 どれが新しいのか古いのか分からなくならないか。 たまごをたくさん並べて満足するよりも、 新鮮なたまごを食べて満足してくれたらいいのにと思う。 なぜなら、高齢になってきたからこそカラダにいいものを食してほしいからだ。 のぶ子は食材が傷もうがおかまいなしで おなかを壊さなければOK!という人だ。 子どもの頃から…

続きを読む