のぶ子、うれしそうに縄跳びする

のぶ子は声が大きい。 なぜにあんなに大きな声が出るのだろうか 不思議であり、うらやましくもある。 私の声は細く、遠くまで通らない。 お店の中でオーダーしたいとき店員さんに声が届かないから、 結構大変だ。 はたまた存在感が薄いからというのが原因かもしれないけれど。 たまに「オーラ」を光らせたら、道行く人がよけてくれるのがいい。笑 さて、のぶ子は病院の中でもおかまいなしでおしゃべりさんだ。 病室の中でもよくしゃべりすぎて、 「うるさい!」と何度も言われたことがあるらしい。 父が肩身の狭い思いをしたと言っていた。 若い頃から声が大きな方だったと思う。 遠慮がないので、ワルグチでもあっけらかんとそこら中で言う。 清々しいほどだ。 私が小学生のときに庭で縄跳びをしたとき、 ひぃはぁ息をあげながらも のぶ子はおしゃべりしながら跳んでた。 数を数えたり、あれやっとけこれやっとけやら言ったりしながら。 そして、だんだん声が大きくなる。 私は母と跳ぶ競争をした。 何回跳べるか、エックス跳びできるかとか。 子どもならではのお得意分野で、母を負かそうと思っていた。 普段はよく怒られるので、ここでいい所見せたいからだ。 たまにはほめてもらいたいのだ。よく頑張ったねって。 ま、ほめられなかったね。いつものことさ。 当然小学生と30代の体力勝負となると、小学生のほうが勝つ。 …

続きを読む