のぶ子、花を愛でる

のぶ子は花が好きだ。 庭では花や木々を育てている。 土を入れ替え、 肥料をやり、 水をまき、 それはそれは大事にしているのだ。 そして、きれいな花を咲かせて自慢をする。 まあ、それは誰しもそうだろう。 きれいな花は自慢したくなるものだ。 花は大事にしたら言うことを聞くらしい。 子どもはちっとも言うことを聞かないとか。 子どもは自分じゃない。 子ども自身の人格を持っている。ココロがある。 言うことを聞かないからとよく叩かれた。 自分さえ思うように生きられないのに、 子どもが進む道を操作しようなんておこがましいこと。 私は母じゃない。母とは違う人格で生きている。 庭で花に向かいながらこぼす言葉は、思い通りにならない子どもへの不満。 聞かされるのもツラいもんだよ。 最近、私自身を癒やすために、過去の記憶をさかのぼってみることをやっている。 なんとか療法というやつではないけれど、 子どもの頃の記憶を癒やして書き換えられるものなら、 今の私がよりよく生きられるようにしたい。 生まれてきたこと、毎日無事に過ごせること、 ホントにありがたいことだと感謝している。 花のように黙っていられるもんじゃないから 反抗期もあったし、ココロを閉ざしたこともあった。 のぶ子を恨んだって仕方ない。 のぶ…

続きを読む