のぶ子、焼きそばにはまる

のぶ子は食べるのが好きだ。 大抵のものはバクバクこだわりなく食べる。 お皿まで食べ尽くすんじゃないかと思うぐらいよく食べる。 ご飯を美味しく食べられるってことは、 いいことだ。 食欲ないねん、そう言いながら、 おやつをしっかり食べる。 御座候(という今川焼きの名称)をペロリと食べる。 5つ入りの3箱は気づけばすべて空っぽ。 食べることへの情熱はたいしたものだ。 さて、そんな母がかつてはまっていたものがある。 インスタント焼きそばだ。 何処のメーカーのだったか覚えていないが、 袋入りのインスタント焼きそばを常備していたと記憶している。 私が小学生の時のことだ。 休みの日のお昼には、私はインスタントラーメンを作って食べた。 その後、ガスレンジが空いたら、母がフライパンに水を入れて そこに袋入りインスタント焼きそばを投入。 火にかけふやかし、水気を飛ばし、麺を戻す。 ソースをかけ混ぜてできあがり、ではなく、その後 溶き卵を焼きそばにかけて炒り始めるのだ。 卵が、ふやけた焼きそばに絡まるのが美味しいらしい。 私はソース味があまり好きじゃないので 焼きそば作っても最後まで食べきれない。 だから、味見だけ。 まあ、食べられたかな。 でも、一口ふたくち食べて十分。 相容れない。 好みはひとそ…

続きを読む