助手席ののぶ子、地図を読めず

のぶ子は地図を読めない。 見ることはできるのだが、 今いる地点を見つけることができないのだ。 かつては車の運転をしていたこともある。 免許を取ったのは、私が小学4年生のとき。 母が30代半ばぐらいの頃だ。 それまでは父が運転する車に乗っているだけでよかったけれど、 私が3年生の時に父が大病を患って自営業に大きな影響が出た。。 だから、やむなく免許取得に至ったというところだ。 かつてはオートマチック車がなくて、マニュアル車(ミッション車)だったから、 クラッチが上手く入れられないとエンストをするのだ。 母はよく交差点でエンストした。 右折しようと交差点内で止まったら、 次動き出せない。 気づけば黄色、赤信号と変わる。 大パニックだ。 そこは派出所が目の前にある交差点だったので、 まあ何かあればおまわりさんがすぐに駆けつけてくれただろう。 当時はなんとかエンジンをかけて抜け出せていたから おまわりさんのお世話になることはなかった。 ただ、のぶ子の助手席に乗るのだけは恐ろしくて 子どもながら白髪になりそうだった。 極めつけが、ブレーキをかけるたびに助手席に手を伸ばして 「危ない!」って言うこと。 片手ハンドルになって横を向く方が危ないと思うのだけど。 よく事故を起こさずにいられたと神様に感謝せずにはいられない。 さて、そん…

続きを読む