のぶ子、食べ物をかくす

のぶ子は食べることにしあわせを感じている。 食べるのが好きだからだ。 私も食べるのが大好きだ。 食べるものがあることに感謝している。 本当にありがたいことだと思うから。 私は二人目の子どもを出産したあとから太れない体質になったようで、 いくら食べても太ることができなくなった。 私はもともと太りやすい体質だったけど、 独身時代は自分の体型と健康を気にして過ごしていたから 人生において大幅な体重増加は12㎏が最高だと思う。 学生時代ドーナツ屋さんに毎日足繁く通ったのと パフェやパスタを爆食いしたのが原因だ。 太れなくなったのは妊娠中にいろいろあったからか、 出産後のストレスなのか原因は不明。 うらやましいとか、イヤミ!などと言われることがあるが、 そんな意図は全くない。 ただ事実を述べているだけなのだ。 さて、母のことに話を戻そう。 母は反対に、食べたら太る。しっかり身につく。 若い頃は「スマート」で男性にモテモテだったとよく言っていた。 若い頃はいていたらしい、フラミンゴピンクの巻きスカートは ウエスト60㎝ないぐらいの中学生の私に丁度よかったから 当時はスマートだというのは本当のようだった。 そんな母は出産ごとに太りやすくなったらしく、 私が小学生ぐらいのときは細くもなく太くもなくぐらいの体型が いつの間にか大きく膨らんでいった。 おなか周りに比べ…

続きを読む

のぶ子、骨粗しょう症になる

のぶ子は骨粗しょう症だ。 骨が弱い。 しらすやらいりこやら、 お魚は骨ごとがぶりむしゃむしゃ食べていたから 骨が弱いなんてありえるのだろうか? エビフライのしっぽにもカルシウムがあるからと 私たちに食べるように促していた。 もちろん母もしっぽ込みで食べていた。 花の手入れをするからと庭に出ていることも多く紫外線をよく浴びていたから、 カルシウムを吸収を助けるビタミンDも体内で生成されていたはずなのに。 なぜだか骨粗しょう症なのだ。 のぶ子は食べるのが好きで、食事の合間に休憩と言ってはお菓子やらをつまむ。 いや、つまむという可愛らしさはなく、むさぼり食っているというイメージが正しい。 たまにその光景に居合わせると、ドキドキする。 年を重ねるごとに代謝が悪くなっているからか、 もともと太りやすい体質だからか、 会うたびにカラダが膨らんでいっているような気がする。 体重を支えきれないのもあって、 ここ数年アシの骨折で入院を何度か繰り返している。 はじまりは、太りすぎによる膝の疲労骨折。 ご近所の医院で診てもらったけど、 2週間たっても痛みが引かないとのことで電話がかかってきた。 すぐに大きな病院に行くように伝えた。 診てもらったら、膝下が骨折していたとのこと。 レントゲン撮っていればすぐに分かったは…

続きを読む

はじまりののぶ子~ブログをはじめるにあたり

のぶ子とは、私の母の名前だ。 若いときは「のぶちん」と言われてモテモテだった、ピチピチの76歳である。 私が知っている限り、こんな自由で自分中心に物事を考えられる人はそういない。 特に、家族の声に耳を傾けるつもりはないらしい。 自分の思いを貫ける、ある意味すごい人だと思う。 「○○さんがそう言ってたから」と他人さんの意見はほぼ100%正しくて、 家族が言うことはすべて間違っているという思い込み。 そして、「聞く耳を持たない」というはっきりした行動力。 ただ、それが正しいかどうかといえば、そうじゃないことも多かった。 それでも、なにかと過ごしてこられたのは、父のがんばりのおかげに他ならない。 私が嫁でなくてよかったと父がこぼすぐらいだから、 母と意見を戦わせるには相当な覚悟が必要だと分かるだろう。 母の自由さがうらやましいと思うこともある。 周りの人のことを気にせず言いたいことを言い、やりたいことをやる。 そんな人生を送れるなんてすばらしいことじゃないかと今なら思う。 私自身の性格ではやっていけないのぶ子の生き方。 だって、私は周りと協調しながら生きていきたいタイプだから。 でも、最近自分自身に目を向けることをはじめて、 私が自分のことを大事にしてこなかったことに気づいた。 周りの人に気を配りすぎて疲れた。 嫌われたくないと思うことに疲れたのだ。 だれに嫌われよう…

続きを読む